中古住宅を購入する人が増加し、リフォームしてまでも新築より費用を抑えて安くしようとしている方が多くなっています。そんな中、単純に中古住宅を購入して「自分好みの家にしよう」と考えている方が多いのですが、実は築年数によってリフォーム費用が異なることも多いです。そこで、今回は築5年や築10年と言ったように、それぞれの築年数に分けて考えていけるように、情報を紹介します。

◆中古住宅でのリフォームはどれくらいの費用?

中古住宅をリフォームする場合、費用はそれぞれの内容によって異なります。例えば、設備を新しくするだけのリフォームであれば、そこまで費用は大きくなりません。逆に部屋を全く新しくして、設備も最新のものを取り入れて、大幅に改修した場合は、数百万円以上は覚悟しておくことが必要となります。

実際に物件によってそれぞれ内容も変わってくるので、どれくらいの費用なのかについては、見積もりしてもらうまでわかりません。不動産会社や建築会社に、リフォームのおおよその概算を出してもらうことができれば、よりイメージが付きやすいかもしれません。

◆築年数別リフォームの費用の目安とは

・築5年

築5年程度の家であれば、そこまで家が劣化しているということはありません。また、築5年未満の場合は新品同様のままという家も多く、実際にリフォームとしてはハウスクリーニングが必要となる程度かもしれません。その場合、費用としては3万円~10万円程で済むでしょう。

なお、築5年の場合は、クロスが汚れていたり、畳が傷ついていたりすることがあります。それらを取り替えることを考えると、やはり5万円~15万円ほどが妥当です。築5年の中古物件はそもそも新築に比べて安いものの、他のもっと築年数が経過した家よりは高いことが多いため、全体的に総費用はあまり変わらないのも特徴です。

・築10年

築10年となると、クロスを全面張り替える必要が出てくることも多いです。実際に100㎡だと考えると、50万円程の費用が目安となります。クロス自体は費用も高くなりがちなので、この点の出費はリフォームの時に考えておきたいです。10年も経過すると住宅は劣化するので、目に見えた傷や汚れ、風化も見られるようになります。

もちろんそこまで顕著に劣化してくるということはありませんが、10年という月日が経過した家をリフォームする時は、クロス張り替えを視野に入れておきましょう。また、外壁や屋根なども塗装がダメージを受けていることがあるので、そちらの費用として100万円程度かかることもあります。

・築15年

結婚して家族ができ、子供がある程度大きくなるまで生活しているだけで、15年という月日はあっという間に経過してしまうこともあります。見た目的にはまだまだ大丈夫そうな家も多いですが、築15年となると、色々なところが劣化してくる可能性が高いです。

特に築15年になると、クロスはもちろん、水回りの設備が劣化してくることが多いです。給湯器の寿命は15年ほどで交換が必要で10万円ほど必要となっていますし、ユニットバスの交換なども必要となることもあります。ユニットバスの場合、おおよそ費用としては80万円~100万円ほど必要となります。さらに洗面台に10万円、キッチンに60万円~100万円ほどかかる可能性があります。

トイレの交換などをする場合も10万円ほど必要となる可能性が高いため、総合系としては300万円~500万円ほどかかるかもしれません。もちろん、リフォームで新しい機能を取り入れた水回りを採用する場合は、もっと高くなる可能性もあります。水回りは毎日使うものが多いため、中古住宅だとどうしても使用感があるので、それを取り除くためにリフォームする方もいます。

・築20年

築20年ともなると、子供が生まれて成人するまでなので、とても長い時間経過している家だと言えます。ここまで年数を重ねるとリノベーションが必要となる可能性も高いのですが、リフォームだけで済ませるという方もまだまだ多いです。ただ、実際に築20年も経過すると、外壁はもちろん、屋根などもダメージを受けていますし、水回りも劣化していきます。

それと、フローリングなどもダメージを受けていることが多くなり、傷はもちろん、劣化によってボロボロになってくることもあります。毎日通るような廊下などは、フローリングも傷みやすくなっているので注意しましょう。中古物件でここまで築年数が長い家は、価格も当然安いです。新築に比べると、3割~5割ほど安くなっていることもあります。

しかし、その分リフォームに必要となってくる費用も大きくなるので、予算は明確にしておきましょう。

・築25年

築25年経過すると、フローリングの張り替えなどが必要となってきます。この25年というのは、フローリング張り替えの目安ともなるので、しっかり覚えておくことが必要となります。ただ、フローリングの張り替えは12畳のリビングで20万円程度となっているので、家全体のフローリングを張り替えると100万円以上は必要となる可能性が高いです。

◆リフォームのポイント

中古住宅をリフォームする場合は、それぞれのメンテナンス状況や外的要因・内的要因によって状態が大きく変わります。中古物件選びをする時は、それぞれの不動産会社にこれまでの修繕の経緯はもちろん、どのような人たちが住んでいたのかまで、しっかり確認すると安心です。

実際に中古物件を購入する時は、家の歪みや設備の使用感、床下や屋根裏まで確認してください。劣化状況はもちろん、カビなどについても調べておくと失敗しません。不動産会社はとにかく売りたいという姿勢なので、良い情報を多く紹介していきます。それら

に惑わされることなく、聞きたいポイントはしっかり聞くようにしてください。

中古住宅は、これから自分たちが生活するとなると、さらに経過年数も長くなっていきます。築5年や築10年であればまだ良いですが、20年30年となると目に見えて劣化していくことがあるので、リフォームもどこまで行うのかしっかり考えて計画していくことが望ましいです。

中古住宅を購入する方が多くなっているのですが、その分リフォームする方も多くなっているのが特徴です。リフォームの費用はそれぞれ違うので、自分たちの計画をしっかり立てて、弊社もしくはリフォーム会社と相談してみましょう。