中古一戸建ての購入を考えている方は、その物件についてしっかりと確認してみましょう。中古一戸建てというのはリーズナブルに購入できてメリットも多いのですが、購入前に確認しておきたいことがあります。そこで、今回は中古一戸建てを購入する時のチェックポイントについて紹介します。それぞれのポイントを抑えて、一生に一度の買い物を成功させましょう。私たち住宅情報センターがしっかりとサポートいたします!

◆大きなポイントは2つ

弊社と一緒になってチェックしておきたい大きなポイントとしては、大きく分けて2つです。一つが「違法建築」という点、もう一つが「劣化状況」です。これらの状況をしっかり確認しておけば、まず間違った方向へは進まないです。

実際に他にもチェックしておくポイントはたくさんありますが、細かな点まで見ているとキリがないということもあるので、最低限知っておきたいポイントを確認するようにしましょう。

◆違法建築のチェックポイント

「そんな違法建築なんてそうそうないでしょう」と思っている方もいるかもしれませんが、実は宮古島をはじめ県内、広くは国内の中古住宅には違法建築も存在するのです。実際に建築会社も多数あり、個人的な建築会社に依頼している方もいれば、大きな会社に依頼している方もいます。比較的名の知れた大きな建築会社だと違法建築をするということはありませんが、小さな個人事業のような建築会社だと手抜き工事や、その他法律に従っていない住宅を建てている場合もあります。

まずは、その物件が販売されている時に業者間で作成されている販売図面を確認することをオススメします。その他、平面図や立体図、外壁・内壁、断熱材がどのようになっているのか調べられる矩計図や仕様書もチェックしておくと良いです。これらは弊社で取り揃えている場合も多く、購入相談の際に一緒に確認することができます。

なお、違法建築に関しては、素人目にはわからないことも多いです。また、中古一戸建ての場合は、勝手にリフォームされていたり、リノベーションされていることも多く、間取りが完全に昔と変わっているようなものもあります。その時、窓などが大きく変更されていたり、1階スペースが駐車場になっていたりと、かなり仕様が変更されていることもあります。それを調べておかないと、後々トラブルの原因になる可能性もあります。

また、既存住宅ローンの返済資金などもチェックしておきたいですし、2階建てが3階建てになっていることなどもあるので、そういう場合は耐火性や耐震性についてもチェックしておくことを調べておきましょう。基本的には検査済証が発行されている物件を選び、不動産会社に確認してもらうようにすると間違いがありません。

◆劣化状況のチェックポイント

劣化状況についてもチェックしておきたいポイントは多々あります。物件というのは、生活しているだけで劣化していくもので、特に中古一戸建ての場合は色々と使用感があるものも多いです。

チェックする時は、まず動かせるものは全て動かしてみることをおすすめします。窓の開閉やドアの開閉、サッシや収納の扉などなど、それぞれ動かせるものは動かして、可動領域などについても知っておくと良いです。なお、この時違和感を抱く場合は、いつでも私たち住宅情報センターにご相談ください。特に建物自体が傾いている場合もあるし、歪んでいる場合もあります。物件の築年数にもよりますが、何故現状がこうなっているのか?という説明をさせていただきます。

その他、素足で歩いてみて、床が歪んでいないかどうか調べるというのも良いです。できればスリッパなどは履かずに、素足で歩いてみるとわかりやすいです。それと合わせて、点検口をそれぞれ確認しておくことも重要です。床下や洗面所下にある点検口を調べてみて、水漏れなどがしていないかどうか確認してみましょう。

カビや黒ずみに関しても調べておくことをおすすめします。特に家具の裏や部屋の隅、屋根裏などにカビが繁殖していたり、黒ずみが発生している場合は、生活してから気になることもあります。湿気の逃げ道などがわからないこともあるので、中古一戸建てを購入する時は、必ず調べるようにするとよいでしょう。

各種設備を調べるのはもちろん、建物の回りも一周して調べてみて、中古物件に問題があるかどうかチェックしておくと安心です。問題は床下の基礎や構造がどのようになっているかなので、その点も弊社にご相談ください。そうすれば、間違いなく安心して中古物件の購入に踏み切ることができるはずです。

中古一戸建てはリーズナブルで、自分の好きなようにリフォームやリノベーションもできるので、近年注目されています。ただ、逆にその分トラブルも多くなっているので、中古ということを忘れずに、チェックしておきましょう。まずはお気軽にお問い合わせください!